換金 サムローのパチンコ革命・勝ち組完全マニュアル 戦略 コツ

換金で損をしない立ち回り

パチンコでの立ち回りでの注意したいのは、換金のギャップを最小限に抑えることが大切でしょうね。
玉を借りるときは1個4円ですが、その店の換金レートがあり、1玉2.5円程度のところもあります。

 

換金

 

この換金ギャップによって、ホールは貸した玉数以上に出玉を多く出したとしても利益が出るわけです。
もちろん、等価交換なら換金ギャップは出ませんが、かなり出玉を絞られているでしょうね。

 

 

例えば、換金率2.5円の店で千個の出玉を持っていたとしたら、換金すれば2500円です。ですが、そのまま持ち玉で打つとしたら、4円×千円で4千円分の価値があります。
その差は1500円です。

 

 

また、そのまま持ち玉で打てるのに、あえて交換して再ぶ現金投資している方も時々みかけますが、そんなのは1500円をドブに捨てているようなものでしょう。

 

 

打ち始めて大当たりした後に、波がどうも悪そうだから台を替わりたいと思っても、そこで出玉を交換して、また別の台を打っという立ち回りは、換金ギャップが生じてしまうので損です。

 

 

多少波が悪くても持ち玉で打つならなんとか持ちこたえられることも多いように感じますが、反対に多少波が良くても現金投資で行うと、負けてしまうことが結構あります。

 

 

で、換金で損をしない立ち回りとしては、途中で台移動しなくてもいいように、打つ前の台選びは慎重に行う必要があると思います。
その他にも、持ち玉で打つ時は、大きなハマりがない限り極力粘るようにしたり、現金投資の時は、調子が悪ければ早めにやめる。

 

 

打てる時間が少ないときは投資金額も抑える、タイムサービスなどがあるホールの場合は、最大限に活用するなどで、これが鉄則ともいえるのかなと。(^-^;
これらを守っていれば、換金ギャップは他の人よりもかなり抑えられると思うからです。

 

 

ところで、換金率が高いほうが得だと思っている人も多いと思いますが、一概にはそうとは言えません。
換金率が低い店は、換金ギャップで利益が出るので、その分出玉を甘くすることができますからね。

 

 

理想は、換金率が良くて出玉がいいのが一番ですが、世の中そうまくはいきません。
高換金率ほどデジタルのまわりが悪く、出玉が渋くなるのが普通です。

 

 

ですが、上記の換金で損をしない立ち回りを守れば、他の人と差をつけることが出来ますから、正しい打ち方をすれば低換金率でも十分に勝ちやすくなると思いますよ。('ω')ノ
もちろん、あまり換金率が低くすぎても困りますけどね。

 

 

≫パチンコ革命・勝ち組完全マニュアルの詳細を見てみる

 


 
実践者の声 パチンコで負けない為の鉄則 リンク集